内祝いを贈る際に注意すべきこと

結婚祝いをもらったときにはどんなところを気を付けるべきか

本来は何かお祝い事があった時に、身内でお祝いをして自分たちの幸福を皆で分かち合うことを内祝いと言っていましたが、現在では結婚祝いなどをもらった時のお返しを意味するようになっています。単純に高価な品物であればいいというわけではなく、もらった品物の半額程度の値段で選ぶのが基本です。3分の1程度の金額の品物を贈るという人もたくさんいます。インターネットで調べれば、どれくらいの値段なのか大半のものならわかるでしょう。目上の人からとても高い出産祝いをもらったときは、半額だと逆に失礼にあるのでよくありません。

心を込めてギフトを選んで贈っても、礼儀が欠けていると相手に対して不快な気持ちをさせることになるので、なるべく事前に情報収集をしておきましょう。

出産祝いの場合はこんな点に気を付けよう

内祝いに贈る品物の値段に関しては、結婚内祝いと同じ考え方で大丈夫です。赤ちゃんが生まれてから、大体1か月後から2か月後に贈るのが望ましいと言われていますが、この時期はまだ体が完全に回復しきっていない状態ですし、育児で非常に忙しい時でもあります。できれば、妊娠中から内祝い用に何を贈るのか、大まかに決めておくといいでしょう。もし相手が出産してから1か月以内にお祝いの品物をくれた場合は、お宮参りの時期にお返しをするのベストです。

内祝い用の商品などを扱うギフトショップでは、ジュースのボトルのラベルやお菓子の箱などに赤ちゃんの写真などをプリントしてくれるサービスもあります。様々な事情がある家庭も多いので、どうしても写真入りのギフトにしたいなら身近な親族だけにしておくのが無難です。